育児に疲れたママさんの息抜き方法4選

かわいいわが子と一緒にいる時間は本当に幸せですよね。寝顔を見るたび、「私は天使を生んだんだっけ??」と思うほど愛おしい存在。

それでも育児は24時間待ったなし、予測不能の連続です。どのママさんも、常に「かわいい」と思えるわけではないはずです。

頑張らない事を悪いことだと思ってしまうと、逆にママ自身を追い詰めてしまい、子供にきつく当たってしまう事もあるでしょう。

やはり、何か自分に合った息抜きは必要です。そこで今回は、いくつかオススメの息抜き方法を紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

一人の時間をつくる

これが一番オススメなのですが、夫や両親など家族の協力が得られない場合もあると思います。今は有料で子供を預かってくれる託児所が各地域にたくさんあるので、是非リサーチしてみて下さい。

役所などでも情報は得られると思います。多くの場合事前に面接や登録手続きがあって、急には預かってもらえないと思うので、とりあえず登録だけしておくのもいいでしょう。

無事に一人の時間を作ることができたら、美容院やネイル、エステなど、自分をメンテナンスすることがおススメです。育児中は子供の事ばかりでなかなか自分の身なりに時間をかけられないので、施術後美しくなった自分を見るとかなり気分転換になると思います。

また、オシャレをしてショッピングや映画鑑賞を楽しむのもいいですね。お金をあまりかけたくない人は、いつものスーパーに一人で買い出しに行くだけでもかなり解放感を味わえると思います。

誰かに話す

理解ある旦那さまの場合、日常的に鬱憤を吐き出すことができていいですが、疲れて帰って来た夫に愚痴をこぼすのはためらわれるという人も多いでしょう。特に育児のストレスは解決する事が無いので、話して「共感」してもらう事が重要です。そうなると、ママ友や自分の母親など、育児経験のある人に話すのが一番スッキリすると思います。

しかし中には母親と上手くいっていない人や、ママ友と呼べる人がいないとう場合もあると思います。今はSNSという便利なツールがあるので、もやもやした気持ちを投稿して、同じ境遇の人に「いいね」をもらうのも一つの手です。

また、それも苦手という人は、日記をつけてみてはいかがでしょうか。自分の置かれた状況を客観的に整理することができます。今の苦しい気持ちも、数年後には懐かしい思い出になっているはずなので、貴重な記録になると思います。

寝る

人間の生理現象ですね。寝ると、間違いなくスッキリします。子供が寝ている間にたまった家事を済ませたい!という方も多いと思いますが、疲れた時はとりあえず一緒に寝るのが一番の息抜きになるはず。起きた時隣にかわいい寝顔があれば、疲れも吹き飛ぶパワーになるでしょう。

わが子の写真を見返す

イライラとストレスが限界になったら、ぜひ試してみてほしいです。
生まれた時の写真、毎日ちょっとずつ成長していくわが子の写真を見ていると、たまらなく愛おしくなって、元気が湧いてくると思います。

少し言葉がわかるようになったお子様がいれば、一緒に見るのもいいでしょう。こんなにちっちゃかったんだよ、こんなに可愛かったんだよ、と、涙が出てきてしまうかもしれません。わが子の成長を改めて確認し、自分の育児に自信が湧いてくるかもしれません。

まとめ

言うまでもなく、息抜き方法は人それぞれです。趣味や好みに合わせ、自分に一番合った方法を見つけて育児を楽しんでください。

子育て
スポンサーリンク
シェアする
ボビロク