夜泣きはいつまで続く?夜泣きの原因と対策とは

我が子の夜泣きにしんどい思いをしている方はたくさんいることでしょう。
とっても可愛い我が子だけれど。毎晩泣いている理由もわからず、何をやっても泣き止まない時は辛いですよね。

周りに「今だけよ」と声をかけられても、その今がツライのです。
夜泣きはいつまで続くのでしょうか?詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

3歳すぎれば夜が楽になる

通常夜泣きとは、理由がなく泣き止まない状態を指します。
ミルクをもらって泣き止むのは夜泣きとはいいません。
一般的に生後8か月頃から始まり、1歳半くらいには落ち着いてくる傾向にあります。

中には2歳を過ぎて、よりパワフルな夜泣きが続くお子さんもいます。
卒乳のタイミングが合わないことがきっかけになることもあります。
それでも、3歳になる頃には夜泣きをしなくなります。

3歳頃になると、日中の活動量も増えるので、夜は疲労からぐっすり眠れるようになるのです。
そして、眠り方も上手になります。生活上の刺激にも慣れてきます。
言葉も増えて、感情を外に出せるようになります。結果夜泣きをしないようになるのです。

もとから赤ちゃんは眠るのが下手くそです。レム睡眠からノンレム睡眠への移行が上手にできないからです。
眠いのに眠れなくて不快さから泣きます。
また、日中の刺激で夜泣きがひどいことがあります。

たまにしか会わない祖父母にあった日、初めての場所へ行った日、夜泣きがひどくなることがありませんか?
昼間の経験が脳を興奮させているのが原因です。
それでも新しいことを経験しないわけにいかないので、成長の段階を踏んでいる証として受け入れるしかありません。

決して育て方のせいではありません。パパ・ママが自分を責めずに、少しでも我が子が上手に眠れるよう関わることが大切です。

少しでも夜泣きを避けるためにできること

成長の段階と言われても、毎晩のことではツライですよね。

確かに2時間おきの授乳で毎晩寝不足もツライけれど、お腹が満たされればまたスヤスヤ寝てくれた時代がすでに懐かしいと思われるでしょう。
激しく何十分にもわたって泣き叫ぶ子供に対して、とにかく静かに眠れるよう祈る日々になります。
少しでも夜泣きをしないようにしたいのは事実ですよね。

夜泣きを軽減するためには、まず生活習慣を整えることが大切です。
毎日同じ時間に起きて、お昼寝をして、同じ時間に寝ていますか?
仕事をしているから、兄弟がいるから、そんなの無理と言いたいかもしれません。

環境を整えて寝ることが夜泣きの予防につながります。
寝る時には、電気を消して、静かな環境にしましょう。
寝るギリギリまでテレビを見ていたり、スマホのゲームや画像を見ると、睡眠に大切なホルモンを減少させます。
大人の睡眠障害でも同じことが言われているので、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

絵本の読み聞かせやお話をして、ゆったりとした時間を持ってから眠るといいですよ。
毎晩眠る前に同じことをして、これをしたら眠るお約束があるのもいいでしょう。
もちろん、日中に太陽の光を浴びて、適度な運動も心がけたいですね。
体を動かすことで良い睡眠へとつながります。

それでも夜泣きをしたら

どんなに環境に気をつけても泣く時は泣きます。
抱っこしても、優しく声をかけても泣き止まない。
寝ぼけている?怖い夢をみている?そう思って起こすと、起きていい時間と間違った認識を持つことで、さらに眠りが下手くそになることがあります。

夜中に付き合うのは大変かもしれません。
ですが、お子さんを抱っこして、部屋の中を歩くのがいいでしょう。
その場であやすよりも効果があるはずです。

また、ブランケット(抱っこひもに入るお子さんなら抱っこひも)でくるんでゆらゆらしているうちに眠る子は多いです。
振動と暖かさが安心と眠気を誘うのです。
チャイルドシートに乗せて、車を走らせるのが有効なのはそのためです。
毎晩車を走らせるのは大変なので、まずはくるんで、お部屋の中を歩いてみてはいかがでしょうか。

いつまでも夜泣きが続く子はいません。気がついたら朝まで寝ていた!となります。
決して自分を責めずに、成長を見守ってあげましょう。

ツライ時にはツライと言おう

産まれた時の鳴き声はとても愛おしくて、どれだけの幸せをもたらせてくれるかは、出産を経験した方ならば分かることでしょう。
自宅に連れて帰ってもしばらく泣かないでいると、息をしているのか不安になって、何度も顔をのぞきこみ確認してしまうなんてこともあったはず。

夜泣きが続くのはしんどいです。
いつまでこの子育ての苦労は続くのか、果てしない気持ちでいっぱいになります。
でも、日々成長しているわが子を信じましょう。昨日よりも今日、今日よりも明日と成長を見せてくれます。
夜泣きの終わりは必ず来ます。

育児がシンドイ時には抱え込まずに、言葉にしましょう。
夫が聞く耳持たない、なんて時には、育児支援の相談窓口や電話があります。
辛い気持ちを吐き出して、また子育てを楽しめる自分を取り戻してください。

子育て
スポンサーリンク
シェアする
ボビロク