きっと絵本が好きになる!2歳児におすすめの絵本

子供に絵本を読んであげたい!でも、どんな絵本を選べばいいの?と、書店で頭を抱えてしまうママも多いのではないでしょうか。

子供達に選ばせてしまうと、例えば、男の子だったら車の本ばかり持ってきたり、女の子だったら好きなキャラクターばかりを選んだりしてしまいます。

商品が多様化し、書店にも音の出る絵本やおもちゃ付き絵本、果てはおもちゃそのものまで置いてある時代です。
子供たちは、絵本ではなくて別なものを求めがちですが、やはり、絵本には絵本の良さがあります。

小さいうちから絵本に親しむことで、きっと本好きな子供になってくれることでしょう。
今回は、2歳児のお子様に向けたおすすめ絵本をご紹介します。

スポンサーリンク

2歳児の興味を引くのはどんな絵本?

子供も2歳の誕生日を過ぎると、「いや」と「いい」の 区別がはっきりしていきます。
好きなぬいぐるみは、毎日毎晩、肌身離さず持ち歩いたりしますが、気に入らない洋服は「いや 」の一言 。
なかなか、難しい年頃です。

絵本もどうしようかと、頭を悩ませてしまいますが 、2歳児はストーリーよりも、言葉のリズムや絵のインパクトがあるものが良いでしょう。

文章が長いものだと、まだまだついていけず、途中で飽きてしまったりすることもあります。
無理して長いお話をいやいや聞かせるよりは、わかりやすく、親子共に飽きずに楽しめる絵本を、何度も何度も、繰り返し読んであげる方が 、子供には幸せな時間だと思います。

2歳児におすすめの絵本

●ノンタン シリーズ

作・絵 キヨノサチコ

ネコの「ノンタン」と、仲間たちのロングセラーシリーズです。ママの中には、「小さい頃に読んだ!」という方も多いのでは?はっきりしたタッチと、リズミカルな言葉が子供たちの心を捕らえて離しません。ノンタンはやんちゃで、いたずらで、気分屋ですが、その奔放さが、奇想天外なストーリーを生むのです。シリーズは20巻以上ありますので、お気に入りをさがしてみて下さい。

●ひゃっかいだてのいえ シリーズ

作・絵 いわいとしお

絵本には珍しく、縦に長〜い、この本。書店でも一際目立ちます。中を開けると、見開きのパノラマで10階分のお家の絵が!中には誰が住んでいるのか?どんな生活をしているのか?隅々まで楽しめます。にぎやかな様子に、子供が夢中になること間違いなしです。

●いないいないばああそび他

作・絵 きむらゆういち

きむらゆういちさんの絵本は、どれも楽しい仕掛けがいっぱい!ボードブックなので、頑丈なのも嬉しいですね。どれも手軽に読めるので、何冊でも欲しくなります。お出かけのとき、お気に入りを持ち歩くもよし、家で繰り返し読むのもよし、です。

どうせ読み聞かせるなら、思いっきり楽しんでみる

絵本の読み聞かせに、ルールはありません。
親子で楽しく読むのが、一番だと思います 。

そして、子供に楽しんでもらうための一番の秘訣は、親も楽しむこと!
読むのが下手だから、感情を込めて読むのが恥ずかしい からと、 淡々と読んでしまっては、子供に絵本の面白さがなかなか伝わりません。

ヘタでもなんでも、 大人が楽しんで読むこと。これが 一番です。
上手じゃなくても、良いのです。
驚くところは驚き、楽しいところは楽しく!
はじめは、ちょっと恥ずかしいですが 、親子で絵本の世界にどっぷり浸かってみて下さい。

子育て
スポンサーリンク
シェアする
ボビロク