子育てがしんどいのは、本当のところいつまで?

子育てはキツイ!しんどい!とよく言われますが、しんどさと言ってもどの種類のしんどさを指すのでしょうか…?

体力的?精神的?金銭的?
それぞれのカテゴリーに分けてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

体力的なしんどさ

まず、子供が生まれて最初の壁は、ズバリ体力的なものだと思います。とにかく、睡眠不足との戦いです。腰痛持ちの方なら、子供を抱っこもしくはおんぶしながらの家事での腰痛悪化も必須だと思います。それでも、子供はすくすく成長しますので、夜中に泣き止まないのも、一時的なもので、毎夜毎晩、朝は必ずやって来ると信じて、この時期を乗り越えましょう!

体力が限界に近づくとやって来る精神的なしんどさ

体が辛くなってくると、精神的なしんどさが湧き上がってくるものです。例えば、ママが夜な夜な泣き止まない赤ちゃんを寝かしつけるために、ひたすら抱っことトントンを繰り返している時に、横でパパが気持ち良さそうにイビキをかいてたり、うるさいなっ、などの寝言⁈を発しながら寝ている姿を見れば、苛立ちもしくは、怒り?涙?がこみ上げてしまうのは、当たり前の感情だと思います。身近な人が、自分の辛さ、大変さを分かってくれない、共有しようとくれないのは、体力的なしんどさより、はるかに辛いと思います。

金銭的なしんどさ

体力的にも精神的にも鍛えられ、たくましくなってきた親の肩に、次にのしかかってくるのが、金銭的なしんどさだと思います。今の時代、子育てには、本当にお金がかかります。お父さんが働いて、お母さんはおうちで子育て、もうそれは、絵本の世界でも見られない夢物語になってしまったと思います。

ふつうに小学校に行き、地域の中学校に通い、ふつうに高校、大学、それがとても大変な時代では、ないでしょうか?お母さんがパートを掛け持ち、子供自身も夜までアルバイト、そうしてやっと、進学できる、、そんな世の中になってしまいました。

・みんなが持ってるスマホ、
・みんなが通ってる塾、
・みんながしているオシャレ

うちは、貧乏だから、、と割りきれたひと昔前の方が、金銭的なしんどさは、実のところ、楽だったのかもしれません。

まとめ

ここまで3つのしんどさについて、考えてみました。みなさんは、今、どのしんどさの真っ只中ですか?それとも、3つともこれから?3つとも卒業されましたか?

具体的には、
・体力的なしんどさは、小学生ぐらいまで
・精神的なしんどさは、中学生の反抗期終了ぐらいまで
・金銭的なしんどさは、子どもが働き始めるまで
では、ないでしょうか。

必ず、卒業がくる子育てに関するしんどさ、その時期、その時期を楽しみながら、乗り越えていければ幸せではないでしょうか。

 

 

子育て
スポンサーリンク
シェアする
ボビロク